Fuzz Factory 自作

fuzzfactory001
ノブが5つ、そうFuzz Factoryを作った。 パーツは

  • 抵抗はカーボンコンポジション
  • 電解コンデンサはPHILIPS/BC #013
  • ボリュームポッドはalpha スモールポット RD9シリーズ
  • そしてトランジスタはAC128

fuzzfactory002
FuzzFactoryはパーツの数が少ないため、少し贅沢なグレードのものを選んでみた。以前作ったFenderBlenderはダイオードクリッパーによってファズの音を作るタイプだったが、今回のFuzzFactoryはトランジスタで増幅して歪ませるタイプだ。 トランジスタで歪ませるタイプはFuzzFaceが有名だろう。ただこの回路だとトランジスタの選定が重要になる。ゲルマニウムトランジスタは製品にばらつきがあり、そのせいで音色に個体差がでてしまう。運良く当たりのエフェクターを入手できれば良いが、必ずしも好みの音色のエフェクターと出会えるとは限らない。そこでトランジスタのばらつきを調整できるよう抵抗を可変にし、バイアス調整できるようにした。その可変抵抗をそのままケースの外に出しFuzzFactoryは完成した、と。 雑な解釈をすればFuzzFaceのmodみたいなもんか。しかしこのボリュームの組み合わせで本当に色んな音がでるのだから回路というのは不思議だ。またギターのボリュームを少ししぼると、高音の強い金属の打撃音のようなサウンドに変化する。ジャギンとピッキング時のアタック音は粒が粗く、サスティンは短い。音色についてはそれぞれ個人の好みがあると思うが、ツマミの調整がシビアでかつ音の変化の幅が広いのでみんなハマるわけだ。 自作の手順はFuzzFactoryで画像検索。回路図はどこのサイトでも同じようなのでひとまず信用できそうだ。実体図は色々あるが今回はボリュームを基盤に直付けするタイプにした。ボリュームが5つもあると配線がかける3で15本、面倒だし配線だけでケース内を圧迫してしまう。ボリュームをケースに固定すれば基盤も固定されるのでそれも利点だ。 fuzzfactory003
回路図と実体図に違いがないかしっかりチェックし、パーツを購入したら制作開始。ハンダ付けは二回目になるので、前回よりだいぶ勝手が分かり上手にできた。 手順が前回と少し違う。まず基盤にカッターでスジを入れ適当なところで折る。断面を整えたら配線をペンで描き込んでおく。次に全てのパーツを配置してしまう。飛び出た足はできるだけ切らずに済むように配線に沿って折り曲げておく。こうするとパーツが基盤から落ちなくて一石二鳥だ。トランジスタ用のソケットは足が短いのでマスキングテープで仮止めしておく。そしてやっとハンダ付けだ。パーツの根元をハンダ付け、次に配線の接点をハンダで結合。場所によってはハンダだけで結合するハンダブリッジも使った。前回はパーツを付け足を曲げては次のパーツを…と行き当たりばったりだったが、今回は手順も手段も合理的になってスムーズにできた。仕上がりも前よりは格段にキレイになった。 ケースの穴開けだけれど、ステップドリルは本当に楽。万能作業台にケースを挟み込んで固定、センターポンチもなしに穴開け開始。これで力もいらず精度の高い工作ができるのだから使わない手はない。ステップドリルが無いと、センターポンチで位置決め→細い鉄工ドリルで穴開け→その後リーマーでゴリゴリ穴を拡大。間違えても太い鉄工用ドリルで無理してはいけない。なにより危険だ。ジャックの位置はinもoutも右側に揃えた。割と抜き差しに力がいるので利き手側に揃えようかなと。 最初の音だしチェックで、一カ所の配線忘れのため音が出なかった。最初はなぜ音が出ないのか分からなかったので配線を見直す事にした。実体図はパーツが乗っている側なので、ハンダ側とは裏表が逆で見づらい。そこでJPEGを画像加工ソフトで左右反転しハンダ面と揃えた。今まで配線忘れに気づけなかったのだが、左右反転したらすぐ分かった。次からは左右反転の画像もセットで用意しておこう。 ゲルマニウムトランジスタのAC128を選んだ。その他には2N404、NKT275も良いと聞くのだがどちらも入手できなかった。せっかくソケットにしたのに実験できない。 FuzzFactoryはエフェクターとして面白い。こりゃみんなハマるわけだ。価格が高いのでスルーしてきたがもっと早く知っときゃ良かった。もちろん製品版とは違うかもしれないが、トランジスタに可変抵抗を加えただけなのにこんなにも幅広い音色が出せるなんて(もちろんファズ限定だけれど)。制作もパーツ数が少なく作りやすいし安くできる。欠点はケースの穴開けが大変なぐらいか。

これを買った。2本ついているが、細い方は段数が多い為長い。そのためケースの向かい側に刃先が当たる場合がある。ジャックなど側面の穴を開けるときは太い方のドリルに変えて開けている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする